So-net無料ブログ作成
検索選択
チラシや店頭で商品価格をチェックするだけ
プライスリサーチャー募集中!
ヘルス ブログトップ

女優「麻美ゆま」卵巣腫瘍の抗がん剤治療を乗り越えて… [ヘルス]

麻美ゆま、ときいて、男性なら知っている人は多いかもしれない。
そう、彼女は日本で人気だったセクシー女優だ。
image.jpg

そんな彼女は、とある病と闘っていたのをご存知でしょうか?
タイトルにも書きましたが、「卵巣腫瘍」だったのです。
しかも、良性と悪性の境界、医療では悪性の可能性がある場合には治療を選択しなければなりません。

転移がない場合には根治的手術ができるかと思いますが、女性にとって、しかもまだ30歳代の女性にとって卵巣摘出(もしかすると子宮も全摘するかもしれません)することは、女性としての存在、シンボルを失うことと同じなのです。


今回、麻美さんは手術ではなく、抗がん剤治療を選択したのです。
副作用などの症状については述べていませんが、麻美も例に漏れず脱毛が見られました。

こちらは治療前の麻美さん。
image.jpg

ん?と思う方もいると思います。
そう、すでにこの時からこの卵巣腫瘍により痩せ始めていたのです。

治療の副作用により抜け落ちた髪も、1年経ってやっとここまで伸びたそうです。
image.jpg

抗がん剤により抜け落ちた後に生えてくる髪の毛は、抜ける前のものと比べて髪質が異なるのも特徴です。

麻美さんは、「治療中は仕事もなかったから、経済的にも身体的にも辛かった」と話しています。

現在はこの卵巣腫瘍での経験を元に、公演を行っているそうです。

「病気になるのは特別なことじゃない。気を使わず、病気のことを聞いてもらいたい」と話しています。



今やガンになる人は日本の人口の50%を超えてきています。
最近では「放置医療」などというものが話題となっていますが、いずれそれについての持論は書きたいと思っています。

誰もがなる可能性があるガン。
経験者の話を聞いて、ガンが治るわけではありませんが、折れそうな心を支えてくれる強い力になるでしょう。
あなたが経験したことは、貴重な経験なのです。
機会があるのなら、周りの人に話してみることもいいかもしれませんね。










【この記事を読んだ人は次の記事も読んでいます】
柳楽優弥といえば…離婚!?自殺未遂??
【必見!】三浦大知、ニベアCM曲を含む3曲をシングルついにリリース!
KIRIN 「FIRE」CM美女はジェラ・マリアーノだった!
【ヒットの予感】乙女すぎる料理研究家、レティとトシ
まるでゴミ屋敷!?セカオワハウスが近所から苦情殺到
SEKAI NO OWARI、「共依存」と思われる関係性を分析してみた

メンズ&レディース【人気ブランドMAX90%OFF】詳細はこちら

nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

【京都】不育症の治療・検査の助成に努めると発表 [ヘルス]

京都市は、妊娠を希望しながらも流産と死産を繰り返してしまう「不育症」の治療と検査への助成、男性不妊治療の精子採取手術への助成も始めることを発表しました。

Fotolia_36959872_XS.jpg


最近では石田純一と東尾理子さんが不妊治療の末に子供を授かったニュースが記憶に新しいですが、妊娠までが難しい「不妊症」とは違い、妊娠するものの、子宮内での生育が難しい「不育症」が問題となっていることをご存知でしょうか?
テレビではもっぱら不妊症ばかりが取り上げられるため、あまり知られていないですが、一度妊娠をした後に死産や流産を繰り返すことは、母親として精神的なショックと罪悪感にさいなまれてしまうのです。

後半に続きます↓

母乳不足が気になる授乳期ママ用ハーブティー!








本文続きはこちら→


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

【最新】男性に注射するだけの避妊法「ペイサルジェル」とは? [ヘルス]

望まない子供はつくってほしくない。しっかりと避妊しましょう。今回は注射するだけの最新避妊法を紹介します。「ペイサルジェル」というものです。では本文に進みましょう( *´艸`)


pic_info_Contraceptives.jpg



これまでの避妊法は男性に着けるコンドームや女性がつけるコンドームなど、やはりコンドームが王道でしたね。そのほかには女性の子宮にペッサリーを挿入したり、ピルを飲んだりいろいろありますよね。

男性であれば、極論で言えばパイプカットという手段がありますが、一度実施するともとに戻せない不可逆性の避妊法があります。
今回話題となっているのはインドの研究者が開発した「ペイサルジェル」はとても画期的なものでした。本文続きは後半へ↓






ペイサルジェルとは→


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

【長野県】みそ汁減塩取り組み。なぜ定着した? [ヘルス]

長野県はかつて脳卒中死亡率がとても高い県でしたが、現在では長寿県ではトップとなっています。なぜなのでしょうか?それはみそ汁や漬物の減塩と、「あるもの」がカギを握っていたといいます。


地域で食生活の改善を図る住民ボランティアの「食生活改善推進員」や、各地区の住民から選ばれる「保健補導員」らが家庭を一軒ずつ訪問し、みそ汁や野沢菜の漬け汁の塩分濃度をチェックしていきました。

ここで活躍したのは塩分濃度が一目で分かる「減塩テープ」。つけるだけで塩分濃度がある程度把握できるという簡易の塩分濃度測定用紙です。これを用いて徹底調査を行いました。続きは後半へ↓








成功のもう一つのカギとは?続きは→


nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

【岩手県】「突撃!隣のおみそ汁」脳卒中ワースト1の苦肉の策とは? [ヘルス]

脳卒中死亡率ワースト1の岩手県において、その作戦は今月から開始される。「突撃!隣の晩御飯」をもじったこの「突撃!隣のおみそ汁」ですが、はたしてその内容とはいかなるものなのでしょうか?


県は脳卒中死亡率がワースト1である理由を、濃い味付けを好む県民性にあるとして、一般家庭を訪問し、味噌汁の塩分濃度を測定するという方法にでました。
対象となるのは5年間で人口の約1%をカバーする1万2000世帯。

実はこの取り組みは、長野県ですでに行われているものなんです。







本文続きはこlちら→


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

下肢静脈瘤は「肥満」と「立ち仕事」でリスク3倍!? [ヘルス]

今回、下肢静脈瘤になりやすい状況として「肥満」で「立ち仕事」をしている人だと疫学研究で分かりました。
今回は下肢静脈瘤だと何がいけないのか、と治療法について少し紹介して行きたいと思います。


【下肢静脈瘤って?】


th.jpg

女性に多く見られる状態で、下肢の静脈が怒張して表面上にボコボコと浮き出てきているものです。人によって痛みを伴う人と、そうでない人がいます。 足の静脈は、表面を走る表在静脈系と深部を走る深在静脈系の二つに分けられ、両者の間は交通枝という静脈でつながっています。表在静脈系と交通枝には逆流防止の弁があり、静脈血が足先から重力に抗して心臓にもどってくるのを助けています。

後半に続く→


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

糖尿病に新たな治療法!?iPS細胞で開かれる未来 [ヘルス]

つい先日、目の難病「加齢黄斑変性」を患う70歳女性にiPS細胞を用いた手術が行われましたよね。
みなさんも一度はこのニュースをみたことがあるのではないでしょうか?

そのiPS細胞は再生医療に光をさした人工多能幹細胞のこと。京都大学教授の山中伸弥さんがノーベル賞を受賞しましたよね。
このiPS細胞がすでに臨床で用いられるようになったことを皮切りに、様々な医療関係者や研究者が新しい治療法の確立に精を出しています。


そんな新たな再生医療として注目されるiPS細胞に、糖尿病での利用価値があることが判明しました。
やや古い統計ですが2012年の統計では、国内の糖尿病患者数は950万人、予備軍は1100万人いるといわれています。
そんな糖尿病に、iPS細胞はどんな役割を期待されているのでしょうか?


本文続きはこちら→


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

2014年 乳がんに対する治療法の現状は? [ヘルス]

前回は2014年の乳がんに対する発症しやすい年齢統計などをご説明しました。
その記事はこちら


前回の記事の続きとして、今回は治療法について書いていきますね。

乳がんの治療は大きく分けて局所療法と全身療法に分けられます。癌の治療はこの局所と全身の2つの治療方針を考慮することが必要ですね。

局所療法は

.....続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

2014年、乳がんの現状はどうなっているか。 [ヘルス]

女性の中で最も多く、特に女性が気にするがんは何か。

それは「乳がん」ですよね。

国立がん研究センターによる7月に提出された予測では、2014年の乳がんの死亡者数は約1万3400人となっています。そして2014年になってから病院で新しく乳がんと診断される人の数は8万6700人以上に上るといわれています。

これってすごい数字ですよね。

新しく乳がんと診断される方が8万人ほどいるということは、今後どうしていくか選択を迫られる方がそれだけいるということです。また、乳がんの発見するもっとも庶民的なこととしたら、自宅で胸のしこりを触れた場合ではないでしょうか。

心配だけど仕事が忙しいからと病院に行かない人も多いのかなと思います。それを考えると、診断を受けたのは8万人ですが、実際の乳がんを患っている方はもしかするともっともっと多いのではと思います。潜在患者数といえばいいでしょうか。



ここで実際に乳がんの発症しやすい年齢の統計を見てみますか。
(あくまで統計ですので、参考がてらに見るようにしてください。ご注意ください)
乳がんの発症しやすい年齢統計、

本文続きはこちら


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
ヘルス ブログトップ