So-net無料ブログ作成
検索選択
チラシや店頭で商品価格をチェックするだけ
プライスリサーチャー募集中!

木南晴夏、ドラマ「太鼓持ちの達人」に出演! [ドラマ]






あの「不倫」を一大ブームにさせてしまうかのように大ヒットしたドラマ、「昼顔」
その「昼顔」で斎藤工さんの相手役を演じていた木南晴夏がまたブームを巻き起こしそうなドラマに出ることがわかった。

cb272_230_a155eb3f04534ea9b0012ccd6cf9e858-m.jpg
出典:NAVERまとめ

今回のドラマは「太鼓持ちの達人」。ゲームセンターで見かける「太鼓の達人」になぞられたタイトルのドラマはトキオ・ナレッジさん原作の「正しいブスのほめ方」をドラマ化したもの。

news_thumb_taikomochi_drama.jpg
出典:http://natalie.mu/music/news/133505

ちなみにこのドラマの主演は、脇役で見たことない人はいなのでは!?とも思えるほどの名脇役「手塚とおる」。今回のこのドラマが初の主演作品ということで、彼を前面にした展開が期待できそう。いや、名脇役だから主演でありながらも、他の出演者に主演食いされるのではないかと内心心配しているのは私だけだろうか。
このドラマは手塚とおる、柄本時生、木南晴夏の3人がメイン。







どんなストーリーなの?

シミュレーションオンラインゲームを舞台に癖のある商談相手などに悩む人々に上手に褒めるための知識を伝授するというもの。
直接指導ではなく、ネットを通して、というのも現代にあった設定といえる。

手塚とおるさんを主演として迎えている以上、コメディの要素が多くなることは想像できるが、実際の商談でも使えるようなアイディアが盛りだくさん詰め込まれているとのこと。
普段から人の悪口をいう人は、人を褒めることをあまり得意としないので、さらに対人関係でぶつかることも多い。

この「太鼓持ちの達人」を見て、ほめることの重要性を再認識して、私たちの対人関係がより潤滑になってくれたらいいなと考えている。
それほど、このドラマには期待している。

木南晴夏はおそらく女性対象とした「太鼓持ち」の方法を指導する役柄だと思われるため、木南晴夏のかわいさや演技力がより引き立つのではないかと、いまから待ち遠しくて仕方ない。

主題歌を担当するのはGLIM SPANKY。タイトルもまさにこのドラマらしいといえる「褒めろよ」というものだ。ドラマの内容にどれほどマッチしてくるのかは実際のドラマをご覧いただいて確認してほしい。

「太鼓持ちの達人」は2015年の1月から始まる新ドラマです。ぜひご覧ください。
ドラマが始まる前は、原作をよんで学んでみてはいかかですか?












nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました