So-net無料ブログ作成
検索選択
チラシや店頭で商品価格をチェックするだけ
プライスリサーチャー募集中!

10ヶ月で70kgのダイエットを成功させたDDPヨガとは?






パラシュート部隊として活躍していた軍人が、その度重なる負担から肘や腰に負担がかかり、杖なしでは歩けないほどになっていた。運動量が顕著に低下したことで体重も増加し、130kgだった彼。そんな彼が10ヶ月で68kgのダイエットに成功したのだ。果たしてその方法は?

医者はもう歩けないだろう。と言われていた。


人生のどん底に落とされたように感じていたその男性は、とある1人の人物にメッセージを送った。
それは、アメリカプロレスでのヘビー級、ダイヤモンド・ダラス・ペイジだった。
彼はプロレスの最中に首を痛め、プロレスはおろか、生活を送ることが難しいほどの状態となっていた経験があった。

ダラスはメッセージを受け取った夜に、直接電話をかけた。
「そのままでは死んでしまうぞ」と。


その言葉をうけた男は真剣に痩せようと考えた。
ダラスはその男性に、自分が考えたヨガを教えた。

それがDDPヨガ。ダイヤモンド・ダラス・ペイジヨガだ。

このDDPヨガは、トレーニングの一部として使われるくらいに、身体の使い方をマスターするのに応用されているものです。






その1部分を抜粋すると以下のものがあります。

ーーーーーーーー
(1)お腹の前で親指と親指、人差し指と人差し指をつけて
   ダイヤ形を作ります。

(2)大きく息を吸いながら、手は(1)の状態で頭上まで上げ、
   できるだけ上体を後ろに反らします。
   このとき腕はまっすぐ伸ばしたままにするのがポイントです。

(3)(2)の状態のまま、両手を肩の位置まで移動させ腕を広げます。
   カラダ全体で「T」の字を作るイメージです。

(4)(3)の状態のまま、拳を握り両腕に力を込めた状態で、
   息を一気に吐きながら姿勢を起こし、
   逆にカラダを丸めるようにして息を吐ききります。

この(1)〜(4)の動作をを3回ほど繰り返して終了です。

ーーーーーー

杖なしでは立つこともできなかった彼は床に足を固定してヨガを始めた。
そして、10ヶ月後には…

歩くことが出来ないと言われていた彼が、道路を走る姿が見られたのだ。
何かを始めるのに遅すぎることなんてない。

そう思わせてくれたエピソードだった。






nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。