So-net無料ブログ作成
チラシや店頭で商品価格をチェックするだけ
プライスリサーチャー募集中!

【速報!!】【画像あり】アバター続編で投入される最新3D技術「MAGI」。日本メディア初のその撮影プロセスはこちら! [映画]






圧倒的な存在感と映像美で世界中を賑わせたアバターを皆さんも覚えていると思いますが、その続編が出るそうです!!そして、最新技術のMAGIを導入したとも報じられており、とても気になりますよね(^_^)

4K 解像度を毎秒 120 コマで再生するダグラス・トランブル監督の最新システム 、MAGI。

そのシステムに、ジェームスキャメロンがとても興味があると言っています。

これを踏まえて、インタビューに対し、次のように述べています。
「キャメロンはショースキャン(トランブル監督が開発したハイスピードによる高解像度映像システム)を称賛していたし、彼は高解像度の支持者でもあるからね(HFRs)」「HFRsを『アバター』の製作にしようすることはとても適しているし、成功するはずだよ」「まあキャメロンが(『アバター』の続編にMAGIを使うことについて)興味があるか知らないけど。今彼は引きこもって新作の脚本を書いているよ。僕は(同シリーズのプロデューサーの)ジョン・ランドーと話しているし、もうすぐ(MAGIを用いたデモムービー『UFOTOG』の)公開を予定しているよ」

MAGIとはどのようなものなのでしょうか?
日本の記事で初のMAGIを使った撮影のプロセスを取り上げました!
画像をご覧くださいね(^_^)後半に続きます。


トランブル監督はMAGIに関しては他の監督達とも話をしていると明かしている。「MAGIはすさまじい動きの流動性とストロボや画面のちらつきのない鮮明な映像をお届けし、従来の映画のクオリティを完全に超えるんだ」

以下にはMAGIを使った製作プロセスの画像を載せます。
最新技術なので、何をやっているのでしょうか?ぱっと見わかりませんね。

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

いかがでしょうか?
暗くてあまり見えませんが、とてもすごいことをやっているようにみえます。
実際の動画を見てみると、製作中に煙を入れた空気砲をボンッと打つ場面もあり、果たしてそれがどういった効果になって映像に使われるのかとても興味がありますよね!

アバター続編は2016年公開予定です(^_^)






nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。